🏔山と🏃マラソンと📚本と📷カメラと🏡暮らしと日常🗻

🏔山 🏡暮らし 📚本 📷カメラ ていねいな暮らしの事

【効果的な練習とは】

最近ジョグの大切さがすごくよく分かる



始めた頃はどんどんペース、距離を上げて闇雲に練習していていて、自分の身体の疲れや、不調に気づかず、


身体は赤信号を出しているのに、


少しくらい疲れているだけだと思いこみ結果オーバーワークとなり、
いろんなところを故障する


腰、お尻、膝、ふくらはぎ、足首、足底、
全部痛めてきた。
そんなに激しく痛めたわけではないが、1週間くらい痛みが引かなかったり、



治りきってないのに、走ってまた違うところが痛みだしたりと、負の連鎖を繰り返した時もある。



何でこんなにいろんなところに痛みが出るのか?

身体は何ともないような気がしていても、
実は疲労が溜まっていたり、筋肉が凝り固まっていて、
そこに負荷がかかると痛みだしたりする。



始めの数ヶ月は何ともなかったのに、
月間走行を伸ばすと怪我のリスクが上がる。




これは明らかに一気にやりすぎ、求めすぎなのだ。



マラソンや、長距離トレランなんかは、すぐに鍛えたから結果が出るものではない。


まずは下地の脚づくり、
それから的を絞ったポイント練習(スピード、心肺機能)



この脚づくりと、疲労抜きの効果をもたらすのが、ジョグである。


ポイント練習をすれば、少なからず疲労も蓄積される。
ここで焦ってポイント練習を毎日入れると、故障のリスクが格段に上がる。



そこで、【ジョクで繋ぐ】が有効になる。


ジョクはサボりではなく、立派な練習の一環なのだ。
ジョクで始まりジョクに終わるである。


ランニング初心者で、始めたての人なんかは、いろんな練習やバリエーションでやりたくなる。


しかし、この脚づくりが(基盤)ができていない状態で、次のステップにいってしまうと、故障のリスクがグンと上がる



そうならない為にも、ジョクの習慣を身につけて、
メリハリのある練習をしていきたい。


休みを上手にとれないと、パフォーマンスがグンと下がる。



こんな事を意識しなが、またエントリーしている大会に向けて練習の日程調整をはかりたい。


明日も、仕事、いや趣味を頑張ろう。