🏔山と📚本と📷カメラと🏡暮らしと日常🗻

🏔山 🏡暮らし 📚本 📷カメラ ていねいな暮らしの事

【どう思われるかより、どうありたいかが大事】

先日、忍者トレイルランニングレース2022を走ってきた。



レース内容はYAMAPに軽く書いておいたので、そちらをどうぞ。



ここでは補給の事や、どういう感情で走っていたのか、、などなど、、。



まず、スタート前の感想として、何故か全く緊張感がない。



周りの人達はまだスタートまでかなり時間があるのに、早々にアップしたり、レース仕様の服装に着替えたりと、緊張している様子が伝わってくる。



たぶん、
今日は練習のつもりで走ろうと思っていたのが、逆に落ち着いていたのだと思う。

順位に関しても、完走出来たら満足だったので最初のロードがアップになるだろうと、安易な気持ちで無理にアップしたりもせずスタートした。



ロードの区間で周りを見渡すと、
たぶん緊張している人達程、身の丈に合っていないペースで最初のロードを突っ込み、脚を使い過ぎているのがよく分かった。





今回は22㎞のショートコース。
エイドは二ヶ所。補給あり。



およそ8㎞地点と18㎞地点に設置されている。



この事前情報からジェルは多くて四つ?
あとは水とエイドでの補給で余裕かなと想像ができた。



ジェルは今回1個。
メダリストのコーヒー味が試してみたいが為に持ってきた。

あとはトレイルバターのcoffee味。


トレイルバターは水を飲む感覚で、ちょこちょこ食べながら、

およそ半分地点の12㎞でメダリストを入れると決めていた。



まずトレイルバターは口がまったりしすぎるので、常に走っているようなレースには自分はやっぱり向かないのかなあと実感。


ジェルの方が合うかもしれない。

逆にロングのような長くゆっくりなコースに出ていたなら、ちょうど良かったのかもしれない。



そして12㎞地点でのメダリストコーヒー味は当たりだった。




いつもの甘ったるい感じじゃなく、コーヒーゼリーのような味がちょうど良かった。
このカフェインはフルマラソンの30㎞以降の復活にも効きそうだ。


このまま何も補給せずゴールに向かっても良かったのだが、18㎞地点の最終エイドで少し休憩。

コーラがうまい!

そして、
美味しそうに並ぶ食べ物に目が眩み、オニギリ、お団子、バナナと、爆食い。



少し話しもしながら休憩。


もっともっとロングなレースのエイドは一度ゆっくりすれば重い腰が上がりそうにないな。と想像。



もう残り数㎞なので楽しみなが進もう!

と走りだすと、ペースがぴったりの女性に遭遇。


下りは苦手なようだが、平坦になったらやたらと速い。
この終盤からこのスピードは良い練習になるなあと思いついて行く事に。


話しながら進んでいると、何度かロスト。


心地良いゼェーハーゼェーハーとともにトレイル区間が終了。


最後のロードは足ダルいなあと思いつつ、余力はあったのでしっかり走ってみる。だいたいキロ4。


最後の上り坂はしんどかったが、無事ゴール。


直後の感想としては、しんどいけど楽しかったー!
と、もう少し長い距離でも楽しめそうだなー!である。


この後の感情(数日後)も次はロングに出る!と心の中で意気込んでいた。



それと、
フルマラソンでタイムを狙い、いろんな練習を重ね、それに挑み撃沈する。
そして足りないところをまた磨き、また挑戦してクリアしたり撃沈したり。
これはこれで結構好きなサイクルである。
やり甲斐と達成感は凄いだろう。



当分はこれもやっていくサイクルではあるのだが、


比べるとやっぱりトレイルランニングの方が好きだなあと思う。


登山出身なので、やっぱり山が好きな気がする。




しかし、今回は無理だが、ロードでサブ3を達成するまで、フルマラソンは出たいと思う。



【どう思われるかより、どうありたいかが大事】



忍者トレイルを走っている途中にあった立札🪧





この言葉は今の自分にぴったりだなと思いながら走っていたのである。